足上げ腹筋で腹筋を鍛える

足上げ腹筋は、効果がないとも腰を痛めるとも言われていますが、
それは正しいフォームでないからで、正しいフォームですれば
しっかりと効果があります。

また、きちんとしたフォームでない場合、足を上げたり
元に戻したりする時に腰が浮いてしまうことがあります。

これが腰への負担を大きくし、腰を痛めてしまうのです。
きちんと腰が浮かないようにして足上げ腹筋をすることが
大切です。
ダイエットにも効果的と言われている足上げ腹筋ですが、
背中をきちんと地面につけたら、息を吸いながらゆっくりと
足をあげてください。

最初は足を上げる角度は低めにし、10~15センチほど
上げたところでとめて、10秒間足を上げたまま息を吐き
ゆっくり足をおろしていきましょう。

ゆっくり上げ下げをすることで腹筋あたりに力が入っている
ことを確認できるはずです。

慣れてきたら、回数や足の角度や秒数を増やしたり変えていくと
いいでしょう。
ただし、先ほども言ったように

・腰が浮いていないか
・腹筋に力が入っているか

の2点をきちんと確認してください。
簡単そうにみえるのですが、意外に苦しいので、テレビを
見ながらCM中にちょっと…というように、暇な時間を活用
していきましょう。

数十分でも、体を効率的に鍛えることは可能です。


カーネクストの廃車サービス
逆にその程度の時間すら、筋トレに避けないのは、
体がガタガタになってから、遅すぎる後悔をしてください…。

Posted on 6月 30, 2020 Comments Off on 足上げ腹筋で腹筋を鍛える