ホルモンが与える影響

ホルモンはそれぞれの臓器から血液中に分泌され、極微量ながら身体の様々な活動に多大な影響を与えています。いろいろなホルモンがありますが、例えば成長ホルモンは背を伸ばしたりとかインシュリンは血糖値をコントロールし、

また性ホルモンは男女の区別を作ります。ホルモンは微量であったとしても影響力が非常に大きいものですから必要量より多くも少なくもならないように厳密に体内で量が今冬ロールできるようになっています。これを人為的にふやすとするならば体はたちまちそれに反応して体内で作る量を減らしてしまいます。これはフィードバックシステムと言います。このようなシス組があるためにホルモン剤を安易に飲むと体内で作る分を減らしてしまうということになります。薬の中でもホルモン剤は副作用の強い部類に入るといえます。そのため特定の病気の治療にしか用いません。そのことを知っておくと、何かにつかて役立つに違いないと言えるのではないでしょうか。セノッピー 販売店

Posted on 3月 29, 2020 Comments Off on ホルモンが与える影響