キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果?

最近、育毛業界で大変注目を浴びている、キャピキシルをご存じですか?
キャピキシルは、単一の成分では無く、「アセチルテトラペプチド-3」という成長因子成分と「アカツメクサ花エキス」という天然の植物エキス合成して作られた原料の事です。

キャピキシルを製造している会社は、医薬品原料などを製造しているカナダのルーカスマイヤーコスメティックス社です。
キャピキシルは2つの成分の合成原料なので、相乗効果が育毛に期待できる原料となっています。

アセチルテトラペプチド-3の効果
アセチルテトラペプチド-3は、細胞外マトリクスの修復を4つのアミノ酸で構成された成分がとても強力な修復力持っていて、ある条件下では、医薬品を凌ぐ効果が確認されています。

端的に言いますと、髪の毛の生産にとても重要な役割を持つ毛包維持し続けることが期待できる成分なのです。
アカツメクサ花エキスの効果
マメ科の植物で昔から薬用ハーブとして使われていて、別名レッドクローバーと呼ばれています。
アカツメクサ花エキスには豊富なイソフラボン類が含まれていてその中でもビオカニンAは女性ホルモンと分子構成がにていることで、5αリクターゼを強力に阻害する効果があります。

5αリクターゼは、皮脂腺から分泌され、血液中を流れる男性ホルモンのテストステロンと結合するとジヒドロテストステロンとなり、これが男性の脱毛を引き起こす物質になるわけです。

男性の脱毛を引き起こす物質生成を阻害することで、脱毛を抑制する効果が期待できると言う訳です。

プロぺテック 口コミ

Posted on 11月 4, 2019 Comments Off on キャピキシルはミノキシジルの3倍の効果?