30代からのスキンケアを考える

年を取ると体の機能が、だんだん衰えだします。特に女性に取っては、肌の衰えが気になります。30代に入ったら、年相応のスキンケアを始めないといけません。

まず肌を老化させる原因である紫外線は、確実に対策していきましょう。紫外線は肌の奥深くにまで入り込んで、肌の組織を破壊してしまいます。

そしてスキンケアの基本は、やはり保湿ですね。特に年を取ることで、肌の水分量は激減します。これはセラミドなどの保湿成分が減少し、肌が水分を保持できなくなるからです。

セラミドが減少した肌は、水分だけを与えても、なかなか潤わないのが難点。肌に水分を保持する成分を増やすのが、30代からのスキンケアには必要です。

肌に水分を保持する能力をアップするためには、エイジングケア化粧品を積極的に使うべきです。特に効果が高いのは、ヒト幹細胞エキスや加水分解卵殻膜などの成分が入ったコスメです。

私が使っているハニプラ美容液は、ヒト幹細胞エキスと加水分解卵殻膜の両方が入っていて、すばらしい効果があります。保湿力が高いだけでなく、肌がふっくらと若返る感じです。

ハニプラ美容液は次世代美容液と呼ばれており、美容業界では評判となっています。今までの美容液とは違って、肌の幹細胞に働きかけてスキンケアしていきます。

これからは、ヒト幹細胞エキスや加水分解卵殻膜などの成分が入ったコスメは、エイジングケアの主流になっていきそうです。

Posted on 10月 6, 2019 Comments Off on 30代からのスキンケアを考える