加齢による肌トラブルを防ぐには?

30歳はお肌の曲がり角と、よく聞きます。私も30代になってから、肌の乾燥やシワなど、肌トラブルが増えました。加齢による肌トラブルを防ぐには、どうしたらいいのでしょうか?

加齢によって肌トラブルが増える原因は、肌にある美肌成分や保湿成分が、減ってくるからです。代表的な成分にコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などがあります。

保湿成分が減ってくると、肌は乾燥しやすくなり、小じわができやすくなります。また乾燥により肌のバリア機能も低下して、吹き出物や炎症なども出やすくなります。

年齢肌のケアは、単純な水分補給だけでは、潤すことはできません。肌自体が水分を保持することができないので、どんなに水分補給しても意味がありません。

そんな年齢肌のケアにいいと注目されているのが、ヒト幹細胞培養液です。ヒト幹細胞培養液は、コラーゲンを作り出す線維芽細胞などに働きかけることで、肌がコラーゲンを作る力をサポートします。

ヒト幹細胞培養液配合の化粧品は、今後エイジングケア化粧品主流となっていくでしょう。ヒト幹細胞培養液の中でも、シグリッド化粧品はコスパも良く、初心者にはおすすめです。

ヒト幹細胞培養液配合の化粧品を使ってみると、肌の内側からふっくらしてくる感覚がしました。これは今までのエイジングケア化粧品では、なかった感覚です。

Posted on 9月 17, 2019 Comments Off on 加齢による肌トラブルを防ぐには?