デブ菌ってなんぞや?

 

テレビ番組の『世界一受けたい授業』や『バイキング』でも取り上げられ、大きな反響を呼んだデブ菌。

デブ菌とは腸内に存在する細菌のことです。

消化されたものを体内に溜め込んでしまう「ファーミキューテス」を指します。

腸内細胞には、このデブ菌と健康なカラダを作るヤセ菌(バクテロイデーテス)の2つの菌群が存在するのですが、この比率が問題。

理想的な比率は、デブ菌4とヤセ菌6なのですが、デブ菌の比率が大きくなってしまった場合、太りやすく痩せにくいカラダになってしまうのです。

そもそも、どうしてデブ菌の比率が大きくなると太りやすくなってしまうのか?

デブ菌は、消化されたものを体内に溜め込んでしまう菌。

人のカラダは食べたものから栄養や水分の80%を小腸で吸収し、吸収されなかったものは大腸を通って排出するのですが、このデブ菌が多いと、排出すべきものまで吸収して体内に溜め込むのです。

つまり、デブ菌は余分な脂肪まで取り込むため、肥満につながります。

反対に、腸内で脂肪を排出する働きをするヤセ菌が増えれば、自然と太りにくくなるといえます。

デブ菌とヤセ菌を程よい比率でキープすることができれば、無理なくリバウンドの心配もなく、痩せられるでしょう。

といっても、どうしたら程よい比率でキープすることができるのか?

その解決方法は、ビークレンズです。

ビークレンズは、2代最強クレンズのKOMBUCHA(コンブチャ)× チャコール(炭)が腸内環境を整え、しっかりとデブ菌を退治してくれます。

その結果、ダイエットにつながるのです。

 

 

Posted on 5月 1, 2019 Comments Off on デブ菌ってなんぞや?