血液をサラサラにするには

ドロドロの血液は健康に悪く、サラサラの血液は健康に良いのですが、
ドロドロの血液のまま過ごすとどんな健康障害を引き起こすのでしょうか?
そもそもドロドロの血液って、どんな状態?

大きくは3つあります。

などです。

こうした状態を放置していると、動脈硬化の材料(脂質など)を増やしたり、血管をつまらせる原因ともなるので注意が必要です。

ではどうしたら血液をサラサラにできるのでしょうか?

  1. ナットウキナーゼ

納豆のネバネバの正体であるナットウキナーゼという酵素には、血栓そのものを溶かす効果があります。

 

  1. クエン酸

お酢類や梅干しなどに多くふくまれているクエン酸は、疲労回復に役立つことで知られていますが、血小板が必要以上に集まるのを防ぐ効用もあります。飲みやすいもろみ酢などを利用するのもいいでしょう。
 

  1. DHAとEPA

青魚(イワシ、サバ、サンマなど)に多く含まれているDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)を摂取しましょう。

DHAには、血管の弾力性を高めたり、赤血球の柔軟性を向上させる効果があります。EPAには血栓をつくりにくくして血流をよくする効果があります。
 

  1. ポリフェノール類

赤ワインやブドウ、緑茶、ココアなどにふくまれているポリフェノール類には、コレステロールの酸化を防ぐ働きがあります。
 

  1. アルギン酸

アルギン酸は、コンブやワカメなどのぬめりの正体でもある食物繊維です。コレステロールの吸収をさまたげ、体外へ排出する働きがあります。
 

  1. ビタミンEとC

ビタミン類の中では、抗酸化作用が強く、動脈硬化の予防に必要とされるのは、ビタミンEとCです。ビタミンEはそれ自体が酸化されやすいので、Cと一緒にとると効果的です。
 
ワンポイントアドバイス

血液をサラサラにする食品に、魚をのぞくと動物性脂肪が多い食品はほとんどありません。もちろん肉類などは重要なタンパク源ですが、食べすぎないこと、毎日続けて食べないことなどを心がけましょう。
 
他にも血液をサラサラにするおススメ商品があります。
↓↓↓
すっぽん小町で血液サラサラ!体の内側からキレイで元気な笑顔ママ!

Posted on 1月 31, 2019 Comments Off on 血液をサラサラにするには