猫の平均寿命ともっとも長く生きた猫について

猫を飼っている家庭では、猫の寿命が気になるのではないでしょうか。
最近はキャットフードが良くなり猫の寿命も長くなってきているようです。

今までで最も長生きした猫は、36歳という例もあるようです。
イギリスに住んでいる家庭で飼われていた猫は36歳も生きたのだとか。
ほかにも日本でも36歳まで生きたという猫の記録も残っているようです。
一般的に買っている猫が生きていられるのは、16歳前後です。
20歳まで生きることができれば飼い猫の中でも長生きだといえるのでしょう。
外で飼われている猫は事故や病気にもかかりやすいため、もう少し寿命は少なくなってしまいます。
猫を1日でも長生きさせたいと思うなら、室内で飼うのが一番です。
そして性別では猫はメスのほうが長生きとなっています。
人も女性の方が長生きできますが、猫も同じ状況となっているようです。
一方で野良猫の場合は平均寿命がとても短く5年生きることができればいほうです。
室内で飼われている猫のように10年以上生きることは稀です。
猫の場合は猫エイズの発症率も高くなってしまうため、外で生きるのは過酷なのでしょう。
ピュリナワンの定期購入

Posted on 8月 19, 2018 Comments Off on 猫の平均寿命ともっとも長く生きた猫について