メザニンローンの危険性

メザニンローンとは、不動産融資の一つの方法として挙げられています。

メザニンローンとは、自己資金と銀行融資でお金を借りたとしても、投資金額に満たない場合に、その足りない部分を対象としてた融資のことを言います。

たとえば。3億円の不動産を購入したい場合に、自己資金が1億円、銀行融資が1億円しかない場合、あと1億円が必要になります。

本来であれば投資金額に満たないため、購入をあきらめる必要があります。

しかし、自己資金と銀行融資では足りない場合、足り部分に対して融資を行うお金の貸し手が存在します。

そのお金の貸し手からの融資のことをメザニンローンというのです。

ちなみに、銀行融資はシニアローンと呼ばれています。

 

メザニンローンは、シニアローンより返済順位が後になる借入れです。

当然ながら、借り手の返済が滞った場合には担保となる不動産を処分してローンを回収しなければいけません。

しかし、メザニンローンの債権者はシニアローンの債権者が回収して余ったお金があった場合にそこから回収できるのにすぎないのです。

そのため、リスクは高めになることを念頭に置いておきましょう。

メザニンローンを使用しているソーシャルレンディングはオーナーズブックなどがそうです。

http://www.investment-tenthousand.com

Posted on 3月 5, 2018 Comments Off on メザニンローンの危険性