カラダをごしごしするのはNG!泡で優しく洗いましょう

体を洗うとき、できるだけ汚れが落ちるようにとタオルなどでごしごししてはいませんか?実はそれ、肌にとっては悪いことだらけなんです!
そもそも体の汚れの一部である皮脂や古くなった細胞というのは、日常生活の中で自然と落ちていくもの。私たちの肌は日々ターンオーバーを繰り返しており、わざわざ過剰に手を加えなくとも綺麗な状態を保っていけるものなのです。

そのため、垢すり用の硬い素材のもので不用意に肌をごしごししたり、タオルの摩擦で汚れを落とそうなんてことは考えなくてOK!

むしろ、そうすることで肌が傷ついたり、落としてはいけない汚れを落としてしまうことで、肌が過敏に反応してしまい、肌荒れやくすみの原因になることもあり得ます。

正しい洗い方としては、十分に濡らした泡立てネットに石鹸をつけ、両手でよーく泡立てます。泡の形が崩れないくらいしっかりとした泡ができたら、体のIライン(首回り、脇、背中、股間)をメインに泡をつけていきます。
これで本当に洗えてる?と心配になるほど優しいタッチで洗うのがコツ。特にこすることもなく、泡が浸透したと思ったらシャワーでしっかりと洗い流します。これだけで、体は十分きれいになっているんですね。

顔も同じくです。私は泡立ちがすごくいいと言われているバルクオムの洗顔効果に期待して、最近洗顔料を変えました。弾力ある泡で洗うと汚れがとてもスッキリします。

皆さんも泡の力で、肌に優しいバスタイムをお過ごしください!

Posted on 9月 27, 2017 Comments Off on カラダをごしごしするのはNG!泡で優しく洗いましょう