葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素!

ところで、葉酸とはどのような栄養素なのでしょう。

葉酸は、ビタミンBの一種で、例えば、ブロッコリーやホウレンソウといった野菜類に含まる栄養素です。

葉酸は、妊娠初期に特に重要となる栄養素です。

それは摂取することによって、赤ちゃんが流産してしまったり、あるいは先天的な障害を負ってしまう可能性を避けるなどの、有益な効果が認められているためです。

厚生労働省の発表によりますと、妊娠初期の女性は葉酸の摂取を1日に400μg摂ることを勧告しています。

手軽に摂るならばサプリメントで葉酸を補給するのも賢い方法だと言えます。妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に葉酸が注目されている事をご存知ですか?葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。

適切な量をきちんと摂取することで、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。

1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、1日当たり0.4mgの摂取を推奨しています。

胎児が健康的に成長するためにも、妊娠している女性はもちろんですが、今妊娠を希望されている方であっても、葉酸の摂取を心がけてみてください。

妊活中の女性から妊娠初期の女性まで、妊娠に関わる女性が最も意識している栄養素が「葉酸」ですよね。

葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素であることは間違いありません。

では、この大切な葉酸を適切に摂取できなかったとしたら、胎児の成長にどのようなリスクが生じるのでしょうか。

実は、葉酸には細胞分裂を促すという働きがあります。

そのため、これが赤ちゃんに不足してしまうと、神経管閉鎖障害などの先天的な障害を負う要因の一つになると言われているそうです。また、葉酸の摂取は、ダウン症予防にも効果があるので、是非、葉酸の摂取を心がけてください。

妊娠中は葉酸サプリを飲む!いつまで必要?

Posted on 9月 26, 2017 Comments Off on 葉酸は赤ちゃんが元気に育つために必要不可欠な栄養素!