ドル円は再度上昇に向かう兆しあり

トランプ政権になってからドル円は円高になるだろうと見込まれていましたが、個人的な見解ではドル円は再度上昇に向かうように思います。

テクニカル的な話しかできませんが、ドル円は一旦115円をつけたあと、107円まで下落。円高が始まるかと思われましたが、この直近安値の107円が目先の底と思われます。

週足チャートを見てみると移動平均線がゴールデンクロスを起こしています。これは2017年1月に起こったことですね。ダウ理論でみても一昨年つけた高値122円から7割戻しの119.37。ここから押し目を作って107円で下げ止まり。

この後直近高値の119.37を超えてこないと明確な上昇トレンドとは言えませんが、このまま下がるにはまず107円を割れて次のターゲット98.65を割ってこなければなりません。

98.65を明確に割れてくるようならドルは売り。それまでは買い下がりもいいんじゃないかと思います。

もっと近い話をすると、5月15日に114.67を付けたあと再度下げています。114.60付近には戻り売り勢力がいるもようです。この戻り売りが逆差しにかかるようならもう一弾上を目指すでしょう。

短期的にはドル円を買って短期で売り直しがいいと思います。
ヒロセ通商キャンペーン

 

Posted on 5月 16, 2017 Comments Off on ドル円は再度上昇に向かう兆しあり