グリセリン

グリセリンと書かれたビンの容器に透明な液体が入っているのをみた記憶は、子供の、うんと小っちゃい子供の頃だと思う。なんか怪しくて手に取る気にもならなかったけど、今考えるとただの化粧水の材料に過ぎなかったんですね。たぶんベルツ水作ってたんでしょう。そして今も変わらずビンに入って売ってます。

多分保湿成分として利用できるのでしょうね。潤滑剤としても有効で、うがい薬とかに使われる理由も良くわかります。保湿剤と潤滑剤となれば化粧水にはもってこいでしょう。美容液にも必ずこの成分が使われています。新製品のフルアクレフの主成分はプロテオグリカンという希少高級成分ですが、これにも当然使われているんですからもはや欠かせないわけですね。その上降圧剤としても使えるというのですから用途は広いですね。

いままで知らなかったことですけど、食品添加物として利用されていたんですね。

甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途があるんだそうですよ、甘味料としては虫歯の原因となりにくいらしいですけど、反面砂糖より甘さが弱いにかかわらず高カロリーなのだそうです。

Posted on 1月 29, 2017 Comments Off on グリセリン