晩秋の季節はヒーターの室温調整で肌やわらかく

霜月にもなれば秋の終盤という気温、夕方から寒くなりますが朝は結構低く感じます。
でも時間が経過で8時くらいなら、空気はすっきりしていて爽やかな感覚。

夏のふかふかより気持ちいいし、空気中の湿度からすればお肌にはこの時期の空気がよいはずです。
湿度は肌作りにピンポイントの要因、気温低く積雪の多い地域で育った女性の肌が細やかという点から考えれば、空気中の湿度は保湿効果。

東北の秋田美人はこういう自然から生まれたという質、外の空気は自然ですが室内は肌ケアとしてヒーターの調整。
必要分のみというので設定を低く使用すれば省エネ、夏の季節より電力要する冬時期は家計考えながらエコ・ライフです。

11月から冬ヒーターを使っていると化粧水や美容液で保湿しても肌乾燥、肌質考えれば自然に温まるソックスや下着など衣類でぽかぽかがよい肌作り。
ちゃんとあったかグッズを使用しても寒かったらヒーターで適度な温度調整、保湿は肌ケアの尤もという要因です。

透明感もなめらか肌も保湿が基本、不足と感じたらお風呂上りにしっかり保湿、低い気温で湿度が多いのはある意味よいこととして活かしてみるといい。
大人肌で秋田美人までとは言わないけど、改善方法としての一つです。”

 

アテニア お試し

 

 

Posted on 12月 27, 2016 Comments Off on 晩秋の季節はヒーターの室温調整で肌やわらかく