かんざしは贅沢品

簪を見たことはありますか?時代劇のテレビで見たことがあるという人がほとんどではないでしょうか?

土産物屋で見たことがあるという人もいるかもしれません。今では年に数回しか見ませんね。派手でぜいたくなイメージしかありませんが、昔はアクセサリーの一部でもあったようです。機能と装飾を兼ねていたわけですね。
簪を髪留めとして使っていた頃、その使い方は髪を止めるだけではなかったそうですよ。一つは武器として使われることがあったそうです。昔そんな時代劇を見たことがあるような気がしますね。実際に硬い金属で作られることもあったそうなので、護身武器としての効果はあったそうです。そのために将軍や大名の寝所では女性は髪を下していたそうですから。暗殺道具だったんでしょうね。もう一つは耳かきとしての役割があったそうです。江戸時代には贅沢を禁止した法律が発令されていて、簪は贅沢品としてみなされていたそうです。そのため、「耳かきであって、簪ではない」と言い逃れていたそうですよ。派手な耳かきもあったもんです。
チャップアップ 値段

Posted on 11月 24, 2016 Comments Off on かんざしは贅沢品