格安SIMの魅力

格安SIMは、月額料金がどれくらい安くなるかというと、

私の場合、ソフトバンクのiphoneを使っていますが、月額は1万円程度です。端末の分割支払代金が3000円なので、差し引きすると7000円かかっていることになる。データ通信料は、2GBで収まるので、格安スマホ会社のプランから計算すると、月額2000円以下になる計算です。月額7000円が2000円になるってことは、年間60000円の節約というわけです!良い時代になったものです。格安スマホを、選ぶポイントとして、電波状況の安定度と低価格があげられますが、どこの格安スマホ会社も大差ない低価格になっています。通信回線は、docomoなどの大手携帯会社の回線を借りてるため、大手携帯会社が繋がるエリアでは、格安スマホも繋がります。そのことから、どこの格安スマホでも繋がりやすいし低価格というわけです。電波状況が同じで、価格帯もさほど変わりがないのなら、何を基準に格安スマホを選べば良いかと言うと、契約すると、商品券や食事券などのサービス券をプレゼントしてくれる業者で選ぶのもいいでしょう。格安SIMの魅力は、基本使用料が500円程度のプランがあることです。通話料が、大手キャリアよりも若干高い傾向にあるかもしれません。最近では、電話代を節約するためにLINEで通話する方も増えてきました。通話無料アプリを駆使すれば、基本使用料以外にかからないので、格安スマホなら月額500円程度で携帯電話を持つことも可能です。dmm simってどうよ?

Posted on 8月 28, 2015 Comments Off on 格安SIMの魅力